ママとベビーのデンタルケア

多く寄せられるご相談
妊娠中のお母様からのご相談
妊娠中ですが、歯の治療はできますか?
当院では、基本的には応急処置を柱に行いますが、 治療が必要な場合は安定期(妊娠4ヶ月~8ヶ月くらい)までの治療をおすすめしております。
※当院では、患者さんと赤ちゃんの安全を考えて、妊娠初期の方、9ヶ月に入られた方の治療はお断り致しております。

妊娠中に歯ぐきの炎症・歯が弱くなる・虫歯になりやすいというのは本当ですか?
妊娠されたからといって、歯が弱くなることはありません。 女性の一生のうち一番お口の中のトラブルが起きやすい時期ではあります。
原因として、女性ホルモンの分泌量の変化や、食生活の変化、つわり(悪阻)により、十分に歯磨きができず、 口腔内を清潔に保てないなど様々な原因があります。 歯科医院で行う口腔内清掃や歯石除去を行うことで予防になりますので、おすすめしております。
ご心配な点や、ご質問はお気軽に医院にお問い合わせください。

妊娠中も歯科医院の通院は必要ですか?
妊娠中の口腔内の状態は、お口のトラブルが起きやすい時期になりますので、 「予防・治療」は大切になります。 歯科医師・歯科衛生士が行う口腔内清掃や歯石除去でお口のなかをすっきり清潔に保つことをおすすめいたします。 生まれてくる赤ちゃんのお口にはほとんど無菌状態ですので、 ママから虫歯の原因となる「ミュータンス菌」は移る場合が十分あります。
気になる症状がある方は、お早めに医院にお問い合わせ下さい。

つわりがひどくて歯ブラシを口にすることができないのですが・・・
お辛い時期に歯磨きをするのは大変苦痛なことだと思います。 小さめの歯ブラシに変えてみることや、歯磨き粉の味を変えてみることなども効果があります。 それも難しい時は、こまめにうがいをしてみてください。 お辛い時期が終わるまでは、お身体の調子が良いときに磨くように心がけてください。 リラックスして、乗り切ってください。


BUTLER(バトラー) 025M

ヘッド部分が薄く、磨きにくい箇所(頬側の奥etc.)
まで毛先があたりブラッシングが行えます。
妊娠中にレントゲン撮影するのは大丈夫ですか?
安定期であれば問題はありません。
妊娠されている方は、その旨を治療前に歯科医師に伝えて下さい。
私たちは、日常生活のなかで、 大気中や大地など周りの環境から常に「自然放射線」と呼ばれる放射線を浴びています。 歯科のレントゲン撮影の被曝量は「自然放射線」と比較してとても小さいものですが、 当院では鉛の入ったエプロンを着用していただいて撮影しております。 お口の中では直接目で見ることのできない部分を調べる大切な検査です。


授乳中のお母様からのご相談
母乳で育てていますが、歯の治療の際の麻酔や薬を服用した場合、授乳をしない方が良いでしょうか?
歯科治療における麻酔や薬は基本的に大丈夫です。 薬の種類などで、服用の仕方に注意がある場合もあります。 歯科医師の指示にしたがって ください。ご心配な点は、遠慮なさらずお問い合わせください。

生まれたばかりの子どもがいます。虫歯があるのですが、治療をした方が良いでしょうか?
生まれたての赤ちゃんのお口の中は、ほとんど無菌状態です。 虫歯の原因となるミュータンス菌はいないのです。 この菌はお母さんから移る場合があるのです。お食事の際に、一緒のスプーンを使っていたり、 噛み砕いたものを与えたりすることで、お母さんから菌をもらってしまうのです。 お忙しい毎日をお過ごしだと思いますが、お早めに治療を受けられることをおすすめいたします。

おしゃぶり(指しゃぶり)をやめさせるタイミングを教えてください。
平均的には3歳までにやめれば大丈夫といわれています。 単におしゃぶり(指しゃぶり)といっても、なめる程度の場合から、1歳であっても 歯並びを変えてしまう程強く吸っているお子さんもいます。 様子をみながら早めにやめさせたほうがよいかと思われます。
※ おしゃぶり(指しゃぶり)の他に、爪噛みや頬づえ、咬唇癖、吸舌癖など不正咬合や歯列の影響につながる症例が、多くあります。 ご心配なことがありましたら、お早めに医院にご相談ください。

おしゃぶり(指しゃぶり)をやめさせるタイミングを教えてください。
平均的には3歳までにやめれば大丈夫といわれています。 単におしゃぶり(指しゃぶり)といっても、なめる程度の場合から、1歳であっても 歯並びを変えてしまう程強く吸っているお子さんもいます。 様子をみながら早めにやめさせたほうがよいかと思われます。
※ おしゃぶり(指しゃぶり)の他に、爪噛みや頬づえ、咬唇癖、吸舌癖など不正咬合や歯列の影響につながる症例が、多くあります。 ご心配なことがありましたら、お早めに医院にご相談ください。

ママになられる方へ
「妊娠すると歯が弱くなる」という話をたびたび耳にします。 妊娠されたからといって、歯が弱くなることはありません。 女性の一生のうち一番お口の中のトラブルが起きやすい時期ではあります。

原因として、

・女性ホルモンの分泌量の変化
・食生活の変化
・つわり(悪阻)により、十分に歯磨きができず、
口腔内を清潔に保てない
など様々な原因があります。

歯科医院で行う口腔内清掃や歯石除去 を行うことで予防になりますので、おすすめしております。

生まれたての赤ちゃんのお口の中は、
ほとんど無菌状態です。虫歯の原因となるミュータンス菌はいないのです。
この菌はお母さんから移る場合があるのです。
お食事の際に、一緒のスプーンを使ってみたり、噛み砕いたものを 与えたりすることで、お母さんから菌をもらってしまうのです。

虫歯や、歯周病の予防は、これからとても大切になります。 ご心配な点や、ご質問はお気軽に・お早めに医院にお問い合わせください。