トップページ > 医療費控除
   

1/1から12/31までに支払った医療費が10万円を超えた場合は、 医療費控除を 受けることができます。 義歯(入れ歯)や矯正治療、保険対象外の差し歯など高額な治療をされた方は「領収書」が必要となりますので、必ず保管するようにしてください。

次の計算式によって計算した金額が対象となります。

(本年中に支払った医療費の総額 - 保険金などで補てんされた金額) - 10万 (所得の合計が200万円までの方は所得の合計額の5%) =医療費控除額

※ 医療費控除額は最高200万円までとなっています。
※ 所得額に応じて合計額のパーセントが変わります。
(最寄りの税務署にご確認ください)

詳しくは 国税庁のホームページをご確認ください。
医療費を支払ったとき(医療費控除)
医療費控除の対象となる歯の治療費の具体例


▲このページのトップに戻る